ダブルフラット

「ダブルフラット」とは

ダブルフラットとは、将来の返済負担を軽減することを主な目的として「フラット35」を2つ組み合わせて利用することです。
フラット35といえば借入期間が35年の住宅ローンをイメージしますが、金利は借入期間によって2つに分かれており、借入期間15年以上20年以下のローンを特に「フラット20」と呼びます。
借入期間が15年以上20年以下(フラット20)と、21年以上35年以下(フラット35)の令和2年10月の金融機関の実行金利で比較をしますと2つの金利差0.09%となっており、借入期間が長いフラット35の方が必ず高くなります。

このフラット20とフラット35を上手く組み合わせることによって、ライフプランに合った効果的な返済スケジュールを組むことができます。
ダブルフラットはすべての業者で認められている訳ではありませんので、住宅金融支援機構のフラット35サイトで利用可能な金融機関を確認する必要があります。

ダブルフラットの利用ケース【1】

それでは、具体的にダブルフラットにすることのメリットデメリットを考えてみましょう。

ダブルフラットにすることのメリット

例えば、借入額3,000万円(融資率が9割以下)で35年返済の場合は金利が1.30%、毎月の返済額は 88,944円です。35年間での総返済額は37,356,564円となります。

この事例でダブルフラットを利用して借入した場合

  1. 「フラット20」で借入額1,000万円(融資率9割以下)で15年返済の場合金利は1.21%、毎月の返済額は60,777円
  2. 「フラット35」で借入額2,000万円(融資率9割以下)で35年返済の場合金利は1.30%、毎月の返済額は59,296円

となり、返済期間の異なる2つのローンとすることで16年目以降の返済額を引き下げる効果があります。
また、ダブルフラットとしての総返済額は35,844,158円となり、通常の借入より総返済額が151万円少なくなります。
このようなケースは小さい子供がいる家庭で、16年目以降の住宅ローンの出費を抑え、学費を確保したいという場合に適しています。

ダブルフラットにすることのデメリット

ダブルフラットにすることのデメリットは、返済当初は毎月の返済額が膨らむため借入金額が希望額に満たない場合がでてくる点です。

返済当初の金額が大きくなるため、返済計画を慎重に立てる必要もあります。
また、それぞれの借入に対して金銭消費貸借契約、抵当権設定などの手続きが必要となり、融資手数料、印紙代、抵当権設定費用などが一つの借入の場合と比べて多くかかります

ダブルフラットの利用ケース【2】

40歳の人が35年間でフラット35を借入する場合、
借入額3,000万円(融資率が9割以下)で金利が1.30%であれば、毎月の返済額は 88,944円です。35年間での総返済額は37,356,564円となります。

ダブルフラットを利用して借入した場合は、

  1. 「フラット20」で借入額1,500万円(融資率9割以下)で20年返済の場合金利は1.21%、毎月の返済額は70,398円となります。
  2. 「フラット35」で借入額1,500万円(融資率9割以下)で35年返済の場合金利は1.30%、毎月の返済額は44,472円となります。

返済期間の異なる2つのローンとすることで21年目以降の返済額を引き下げる効果があります。また、ダブルフラットとしての総返済額は35,573,691円となり、通常の借入より総返済額が178万円少なくなります。
このように、40歳で借り入れたローンを60歳で1つのローンの支払いを終えることで、老後の負担を軽減することができます。

1,000万円の借入を「フラット20」としているケース【1】と比べて、ケース【2】は1,500万円の借入れを「フラット20」としているのでより低金利のメリットを享受しています。

このケースの場合、通常のフラット35と比較して、ダブルフラットのローン残債は約半分になりますので、より老後の安心感があります。

「ダブルフラット」のまとめ

フラット35には借入期間によって「フラット20」(借入期間15年~20年)と、「フラット35」(借入期間21年~35年)に分かれており、「フラット35」一本よりも、金利の低い「フラット20」と「フラット35」を組み合わせることで総返済額を抑えられます

また「フラット20」の返済が終わると、残りの「フラット35」だけの返済となるため、学費の出費がかさむ時期や、老後の負担を軽減することができます。

注意点としては、ダブルフラットを取扱っている金融機関は限られているため、事前の確認が必要ということです。
また、抵当権設定費用印紙代等が多くかかることもお忘れなく。

そして、最大のポイントは当初の返済額が2本のローンとなるため、毎月の返済負担が大きくなるので慎重に計画を立てる必要がありそうです。
ダブルフラットでも借入希望額での審査が通過する場合には一考の価値があります。

2021年1月のフラット35(全期間固定型住宅口ーン)借入金利

借入期間 融資率 Aタイプ
20年以下 9割まで 1.20%
9割超 1.46%
21年以上35年以下 9割まで 1.29%
9割超 1.55%

かんたん住宅ローンシミュレーション

「年収」から計算する

年収、金利、返済期間などを入力すると、借入可能額を計算できます。

シミュレーション スタート

「毎月の返済額」から計算する

毎月の返済可能額、金利、返済期間などを入力すると、借入可能額が計算できます。

シミュレーション スタート

「借入希望額」から計算する

借入希望額、金利などを入力すると、毎月の返済額及び総返済額(元金+利息)が計算できます。

シミュレーション スタート

機構団信特約制度
特約料シミュレーション

借入金額、金利などを入力すると特約料総額及び毎年の特約料が計算できます。

シミュレーション スタート

住宅ローン・保険のご不明点
お気軽に専門家にご相談ください。

フラット35相談センターは、フラット35取扱金融機関の代理店として、フラット35に関するご相談、お問い合わせを随時無料で受付けております。

フラット35の事前審査受付件数の実績は351件。(2020年1月末過去1か年)
経験豊富なフラット35の専門スタッフが、お客さまに丁寧にご説明いたします。 是非、お気軽にお問合わせください。ご相談料は無料です。

お電話の受付は平日9:00~17:00のみとなります
local_phone0120-921-040
土日祝祭日・年末年始は受付しておりません

よくあるご相談例

  • 住宅取得に関する資金計画のたて方について。
  • 現在の家賃と収入をベースにいくらまで住宅ローンが借りられるか。
  • 団信に入れないが、フラット35の住宅ローンは組めるか。
  • 商売を始めて間もないが、住宅ローンは組めるか。
  • 転職間もないが、住宅ローンは組めるか。
  • 親のために家を建てたいが、住宅ローンは組めるか。
  • 子のために家を建てたいが、住宅ローンは組めるか。
  • 別荘を買いたいが、住宅ローンは組めるか。
  • フラット35以外の住宅ローンを申し込んだが、断られた。
  • フラット35以外の住宅ローンを申し込んだが、希望融資額と実際の融資額に開きがある。フラット35の場合の融資額はいくら。

運営会社

A.B.I 株式会社(エービーアイ カブシキカイシャ)
設立2003年2月
本社東京都中央区築地1丁目2番1号 プライムメゾン銀座イースト1109
 電話:03-3547-3297  Fax:03-3547-3299 
本店東京都中央区築地2-7-12 15山京ビル9階901号
 電話:03-6228-4701  Fax:03-6228-4522 
盛岡営業部岩手県盛岡市東仙北1-9-9
 電話:019-656-5026  Fax:019-656-5027 
盛岡金融法人部岩手県盛岡市東仙北1-9-9
 電話:019-656-9700  Fax:019-656-9755 
山形営業部山形県山形市寿町10-35 寿町コーポラス202
 電話:023-615-6484  Fax:023-615-6485 
仙台営業部宮城県仙台市青葉区錦町1-10-11 勾当台上杉通りビル4階
 電話:022-290-5482  Fax:022-290-5483 
金融法人部宮城県仙台市青葉区錦町1-10-11 勾当台上杉通りビル4階
 電話:022-290-5496  Fax:022-290-5483 
甲府営業部山梨県中央市若宮29-1 ジョイフルプラザ2-E
 電話:055-278-6650  Fax:055-278-6652 
従業員数20名

フラット35取扱金融機関(3社)

株式会社カシワバラ・アシストオリックス・クレジット株式会社株式会社クレディセゾン

取扱損害保険会社(11社)

損害保険ジャパン株式会社あいおいニッセイ同和損害保険株式会社AIG損害保険株式会社東京海上日動火災保険株式会社三井住友海上火災保険株式会社日新火災海上保険株式会社セコム損害保険株式会社楽天損害保険株式会社Chubb損害保険株式会社セゾン自動車火災保険株式会社ニューインディア保険会社

取扱生命保険会社(10社)

アフラック生命保険株式会社メットライフ生命保険株式会社オリックス生命保険株式会社東京海上日動あんしん生命保険株式会社三井住友海上あいおい生命保険株式会社SOMPOひまわり生命保険株式会社FWD富士生命株式会社エヌエヌ生命保険株式会社マニュライフ生命保険株式会社ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社