リバースモーゲージを活用

リバースモーゲージとは

モーゲージは不動産を担保とした借入という意味で、通常の住宅ローンのことです。ローン完済後は家が自分のものになります。

一方、リバースモーゲージはその逆で家を担保にして借入をし、借入した人が亡くなった時に家を売却してローンを完済する仕組みのことです。

リバースモーゲージには、社会福祉協議会(自治体)が行うものと金融機関(民間)が行うものがあります。

社会福祉協議会が行うものは所得の少ない高齢者世帯の生活支援を目的としており、低所得の方のみ利用可能で低利子ですが、保証人が必要、といった特徴があります。

一方、民間金融機関が行うものは原則保証人不要ですが、ある程度の収入が必要で、金融機関の営業エリア内に不動産があることが条件であること等、縛りがあります。
民間金融機関が運営するリバースモーゲージには「住宅金融支援機構と提携して貸付を行うもの」と「金融機関独自で行うもの」があります。

いずれの場合も家に住んだまま借入ができることが最大のメリットとなります。

2種類のリバースモーゲージ
  1. 社会福祉協議会・・・低所得者対象、保証人必要
  2. 金融機関・・・中高所得者対象、不動産所有条件あり、原則保証人不要

民間金融機関が運営するリバースモーゲージには「住宅金融支援機構と提携して貸付を行うもの」と「金融機関独自で行うもの」の2種類がある。

住宅金融支援機構と提携して貸付を行うリバースモーゲージ

この場合は、借入する資金の使い道が「本人が居住する住宅の建設または購入」「住宅のリフォーム」「住宅ローンの借換え」「サービス付き高齢者住宅の入居一時金」「子世帯などが居住する住宅の取得のため」の5つに限られます。特に気を付けたいのが生活資金等には使えないという点です。

住宅金融支援機構で行う場合の用途条件
  1. 本人が居住する住宅の建設または購入
  2. 住宅のリフォーム
  3. 住宅ローンの借換え
  4. サービス付き高齢者住宅の入居一時金
  5. 子世帯などが居住する住宅の取得のため

金融機関独自で行うリバースモーゲージ

この場合は資金の使い道は原則自由となっています。つまり、上記の5つの目的に加えて、生活費、車の購入、旅行など、老後の生活を豊かにする余裕資金としても利用できます。また、病気や介護で一時的にお金が必要になった場合などにも利用できます。ただし、事業性資金や金融商品購入については利用できないようになっています。

金融機関独自で行う場合の用途条件
  1. 原則自由(生活費、車の購入、旅行などOK)
    ※事業性資金や金融商品購入等は利用不可

金融機関のリバースモーゲージ型住宅ローン商品は幅広い

金融機関独自で行っているリバースモーゲージにつきましては、社会福祉協議会や住宅金融支援機構が行っている仕組みをベースにして、その幅を広げて各金融機関が独自に商品化している住宅ローンです。そのため商品内容は各銀行によって結構異なります。

まず、ローンを利用できる人の年齢はほとんどの場合50歳から60歳以上ですが、中には20歳から利用可能な商品もあります。借入した時の一度だけではなく、極度額を決めて、その範囲内であれば何度でも借入ができる商品もあります。

金融機関の営業エリア内に担保となる不動産があることが条件のため都市部の商品が充実する傾向にあります。

リバースモーゲージを活用するシーン

リバースモーゲージを活用するシーン
リバースモーゲージに関しては前述の通り、金融機関から多数の商品が出ていますが、活用するシーンは主に2つです。一つは「住宅ローンの借換え」、二つ目が「住み替え」です。それぞれ紹介していきます。

リバースモーゲージの活用方法「住宅ローンの借換え」

既存の住宅ローンを完済する年齢が70歳以上の場合などには、定年後も返済が続くため老後の生活が厳しくなります。そのような場合、リバースモーゲージを利用して住宅ローンを借換えることが選択肢となります。生存中は利息だけの返済となりますので毎月の支払いは少なくなり家計に余裕が生まれます。配偶者を連帯債務者としていれば夫婦どちらも亡くなったときが家を手放すとなりますので安心です。

注意点としては、子供がその家に住み続けたり、家を相続する予定がある場合にはこの方法は適さないので家族内でよく話し合う事が大切です。

リバースモーゲージの活用方法「住み替え」

子供が巣立ったので一戸建てを手放し、夫婦でマンションに住み替えるような場合です。郊外の不便な自宅から都市部のマンションに移住することで有意義なセカンドライフを過ごせます。リバースモーゲージは担保となる不動産の評価をしてその半分の金額程度が借入額の上限となるため、物件によっては借入希望額に満たない場合もあります。

融資の条件とは

リバースモーゲージ型の住宅ローンでは、申込人に公的年金や給与等の安定的な収入があることが必要となります。そして、多くの金融機関では前年度年収400万円未満の場合は返済負担率30%以下、400万円以上の場合は返済負担率35%以下等の条件を設けています。

また、借入金額は担保となる不動産の評価額の50%から60%程度までとされており、かつ、融資額上限は5000万円以内等と定められています。また、住宅ローンであるような団信保険に加入することはできません。

融資条件について
  1. 安定的な収入がある
  2. 年収別の返済負担率がある
    ・前年度年収400万円未満の場合は返済負担率30%以下
    ・前年度年収400万円以上の場合は返済負担率35%以下
  3. 不動産評価額の50%~60%程度が上限
  4. 融資額の上限が5000万円

まとめ

リバースモーゲージは活用の仕方で非常に有効なものになります。毎月の住宅ローンの支払いを少なくしたい場合、病気や介護でお金が必要な場合、自宅をリフォームする場合、老後の生活にゆとりを持たせるために手元に余裕資金を残したい場合などに役に立ちます。

リスクとしては、利息が変動金利である事と、定期的に担保となる不動産の価値を評価しなおすために動向によっては途中で返済しなければならない場合が生じる事です。そのため評価額上限一杯で借入しないことが必要と思われます。

2020年9月のフラット35(全期間固定型住宅口ーン)借入金利

借入期間 融資率 Aタイプ
20年以下 9割まで 1.25%
9割超 1.51%
21年以上35年以下 9割まで 1.32%
9割超 1.58%

かんたん住宅ローンシミュレーション

「年収」から計算する

年収、金利、返済期間などを入力すると、借入可能額を計算できます。

シミュレーション スタート

「毎月の返済額」から計算する

毎月の返済可能額、金利、返済期間などを入力すると、借入可能額が計算できます。

シミュレーション スタート

「借入希望額」から計算する

借入希望額、金利などを入力すると、毎月の返済額及び総返済額(元金+利息)が計算できます。

シミュレーション スタート

機構団信特約制度
特約料シミュレーション

借入金額、金利などを入力すると特約料総額及び毎年の特約料が計算できます。

シミュレーション スタート

住宅ローン・保険のご不明点
お気軽に専門家にご相談ください。

フラット35相談センターは、フラット35取扱金融機関の代理店として、フラット35に関するご相談、お問い合わせを随時無料で受付けております。

フラット35の事前審査受付件数の実績は351件。(2020年1月末過去1か年)
経験豊富なフラット35の専門スタッフが、お客さまに丁寧にご説明いたします。 是非、お気軽にお問合わせください。ご相談料は無料です。

お電話の受付は平日9:00~17:00のみとなります
local_phone0120-921-040
土日祝祭日・年末年始は受付しておりません

よくあるご相談例

  • 住宅取得に関する資金計画のたて方について。
  • 現在の家賃と収入をベースにいくらまで住宅ローンが借りられるか。
  • 団信に入れないが、フラット35の住宅ローンは組めるか。
  • 商売を始めて間もないが、住宅ローンは組めるか。
  • 転職間もないが、住宅ローンは組めるか。
  • 親のために家を建てたいが、住宅ローンは組めるか。
  • 子のために家を建てたいが、住宅ローンは組めるか。
  • 別荘を買いたいが、住宅ローンは組めるか。
  • フラット35以外の住宅ローンを申し込んだが、断られた。
  • フラット35以外の住宅ローンを申し込んだが、希望融資額と実際の融資額に開きがある。フラット35の場合の融資額はいくら。

運営会社

A.B.I 株式会社(エービーアイ カブシキカイシャ)
設立2002年2月
本社東京都中央区築地1丁目2番1号
プライムメゾン銀座イースト1109
電話:03-3547-3297 Fax:03-3547-3299
本店営業部東京都中央区築地1丁目2番1号 プライムメゾン銀座イースト1109
電話:03-3547-3297 Fax:03-3547-3299
金融法人部東京都中央区築地2丁目7番12号 15山京ビル901
電話:03-6228-4701 Fax:03-6228-4522
仙台金融法人部宮城県仙台市青葉区錦町1丁目10番11号 勾当台上杉通りビル4F
電話:022-290-5496 Fax:022-290-5483
仙台営業部宮城県仙台市青葉区錦町1丁目10番11号 勾当台上杉通りビル4F
電話:022-290-5482 Fax:022-290-5483
盛岡金融法人部岩手県盛岡市東仙北1丁目9番9号
電話:019-656-9700 Fax:019-656-9755
盛岡営業部岩手県盛岡市東仙北1丁目9番9号
電話:019-656-5026 Fax:019-656-5027
山形営業部山形県山形市寿町10番35号 
寿町コーポラス202
電話:023-615-6484 Fax:023-615-6485
甲府営業部山梨県中央市若宮29-1 ジョイフルプラザ2-E
電話:055-278-6650 Fax:055-278-6652
大阪営業部大阪市北区梅田1丁目11番4-1100 大阪駅前第4ビル11階
電話:06-6131-6476 Fax:06-6131-6199
従業員数20名

フラット35取扱金融機関(3社)

株式会社カシワバラ・アシストオリックスクレジット株式会社クレディ・セゾン株式会社

取扱損害保険会社(10社)

損保ジャパン株式会社あいおいニッセイ同和損害保険株式会社AIG損害保険株式会社東京海上日動火災保険株式会社三井住友海上火災保険株式会社日新火災海上保険株式会社セコム損害保険株式会社楽天損害保険株式会社Chubb損害保険株式会社ニューインディア保険株式会社

取扱生命保険会社(12社)

アフラックメットライフ生命保険株式会社オリックス生命保険株式会社東京海上日動あんしん生命保険株式会社三井住友海上あいおい生命保険株式会社SONPOひまわり生命保険株式会社FWD富士生命株式会社エヌエヌ生命保険株式会社アクサ生命株式会社ソニー生命保険株式会社マニュライフ生命保険株式会社ニッセイ・ウェルス生命株式会社